ブチ抜く力(by 与沢翼)

ブチ抜く力

「なぜ?アイツが成功しているんだろうか?しかも短期間で。」と思ったことはありませんか?

きっとあなたも「短期間」で人生を変えたいはずです。「3か月で10万円を稼げるようになる」という話が大好きな人も多いと思います。

しかし残念ながら短期間で人生を変えることのできる人はほんの一握りです。3ヵ月どころか1年経過しても、、、10年経過しても、、、人生を変えられない人のほうが多いのです。

あなたは自分の人生を変えるために何年もがいていますか?もうそろそろ、、、、もがくのはやめにしませんか?

もしあなたが本当に短期間で人生を変えたいなら、あなたの人生を本当に短期間で変えてしまうかもしれない1冊を紹介します。

これから紹介する本を読めば、「3か月で10万円」という「現実的な目標設定」こそが成功のハードルになっているということがよくわかると思います。

圧倒的な実績

これから紹介する本の著者は、短期間で人生を変えてきた『圧倒的な挫折と挫折から復活した実績』があります。

大学在学中に早稲田大学のビジネスプランコンテストで優勝しました。

一度も就職することなくアパレル会社を起業し、3年半で月商1憶5千万円5年で年商10億円の実績を叩き出し渋谷109に出店させるも無理な拡大計画が仇となり倒産させます。

アパレルの次に資金10万円から挑戦したインターネットの世界では半年間で7億円を稼ぎます。しかし法人税の滞納で国税庁管轄になり自由を制限されるなどして世間を騒がせました。

その後税金をすべて完済し海外(ドバイ)に移住。今度は仮想通貨への投資に挑戦し、1億3,500万円を3ヵ月で27憶円にして14憶円の利益を確定させます。

現在は世界各地に計40戸、総額45憶円の高給不動産を所有し、東京・港区の4憶円の超高級マンションを2秒で契約するなどの伝説をつくっています。

さらにダイエットに挑戦し、2か月で22kg以上の減量に成功(91.2kgから69kg)したというから驚いてしまいます。

その人物とは、、、、「与沢翼」という人物です。この名前を知っている人はおそらく、与沢翼さんにいい印象はもっていないと思いますが、短期間で結果を出すためのアイディアには学ぶところが大きいと思いますので話を続けたいと思います。

シンプルな成功法則

与沢翼さんが実践してきたことは非常にシンプルです。

それは「とにかく1つの目標に全力を注ぎ込み、結果を出すまでやめない」ということです。

「ずいぶんシンプルな成功法則だなぁ~」と思った人もいるかもしれませんが、小利口な人ほど1つのことに全力を注ぎこむということができません。

この記事を書いているわたしも「小利口」だったので、あれもこれもと挑戦したのはいいものの「すべて中途半端のままで終わる」という状況に甘んじた経験があります。

当時のわたしは、とにもかくにも「保険」がほしかったのです。1つの可能性にすべてを賭けるということができず、挑戦する前から「失敗した時の言い訳」を考えていたのです。

残念ながら当時のわたしは、守ってばかりブレーキを踏んでばかりの『自分』こそが、自分の成功を阻んでいる最大の障害になっているということに気づいていなかったのです。

いつも失敗することが怖くてビビってばかりだったわたしが成功するわけもなく、ついには次失敗したらしばらくの間は、「好き勝手に挑戦する生活とはオサラバ」というところまで追い詰められてしまうのでした。

しかし結果的には「1つのことしかできない」という環境がわたしのブレークスルーにつながったのですから人生わからないものです。

人間追いつめられた時に発揮する本気は、それまで『本気』だと思っていたものとはまったくの別物だったことに、自分自身が一番驚いたことは今でも忘れられません。

ビジネス・投資・健康

「ブチ抜く力」(与沢翼)という書籍では、与沢翼さんがビジネスの世界、投資の世界、健康の世界でどのようにブチ抜いてきたのか?という思考を疑似体験することができます。

もちろん与沢翼さんの真似をすることに意味はありません。なぜならば、与沢翼さんとあなたでは「初期値」や「時代(環境)」が違うからです。

しかし「ブチ抜く力」を読むことで、「チャンスを逃さないための考え方」や「小さな成功を次の大きな成功につなげるための考え方」というものがよくわかると思います。

「与沢翼の本だから、どうせ派手な実績ばかりを自慢する本なんだろ?」と思うかもしれませんが、そんなことは一切ありません。

与沢さんは10代の頃は高校にもいかずアルバイトの給料を1年7ヵ月の間、1円も下さなかったそうです。実家で暮らす高校生であれば「使えるお金は全部使う」のが一般的だと思います。

しかし与沢翼さんはそうではなかったのです。そしてその資金が22歳で創業したアパレル企業の資本金になっているそうです。

つまり「ブチ抜く力」を読めば、、、、、、

与沢翼さんが成功と挫折を繰り返しながらも、最終的に一生働かなくても困らないほどの資産を構築できた理由は、「実力」や「運」といった単純に表現できる要素だけではなく、もっと別の『何か』であることを肌で感じることができるはずです。興味のある方はチェックしてみてください↓↓↓↓